キョロのInstagramはこちら

モヤモヤが晴れないあなたが自分の本当の気持ちに気付く方法

プライバシーポリシー

こんにちは!

 

キョロです!

 

いつも読みに来てくださり、ありがとうございます!

 

今日は、私が決意したことと、

 

決意をするまでの葛藤の中で学んだ、自分の本音に気付く方法をお伝えします。

 

私の決意

 

まず、私の決意について。

 

「コーチング」から離れます

 

私のプロフィールに書いたのですが、

 

昨年からコーチングを学び始めました。

 

人の話を聴いて、本音を引き出して、クライアントさんがありたい姿に向かっていくお手伝いをするって素敵なお仕事だなって感じていました。

 

それで、自分もコーチとして、クライアントさんの人生がよくなるお手伝いをするようになりました。

 

自分もコーチをつけていて、今まで約1年間、話を聴いてもらってきました。

 

その結果、自分がどんどん変化していって、人生が彩り豊かになっていきました。

 

今もコーチに話を聴いてもらっているので、日々、満たされた気持ちで過ごせるようになりました。

 

なので、「コーチング」ってとってもおすすめなんです。

 

特に、人生に行き詰まりを感じている方に。

 

でも、「自分がコーチとして、クライアントさんにコーチングをすること」に対しての違和感は消えず、

 

「コーチングしなきゃ…」と焦ったり、プレッシャーを感じたりしている自分がいました。

 

ここ半年くらいずっと迷っていたんです。

 

正解」を探してずっと決断ができずにいました。

 

でももう、決意しました。

 

世間や周りから見ての「正解」でなく、私にとっての「正解」を見つけました。

 

コーチとしてコーチングをするのは、基本的にはもうやめます。

 

私がコーチングをやめようって決意をするまでに、随分と葛藤をしました。

 

どうやって結論を出したのか、次に書きますが、

 

みなさんが何かを「これやろうかな?やめようかな?」「続けようかな?やめようかな?」と思ったときの、判断基準の参考になれば、と思います。

 

私がやめる決意をした9つの理由

 

9つもコーチングをやめる理由があったのに、決断するのに半年も迷ったんかい!って自分でも思うんですが、

 

「コーチングをやめたい」という本音に気付くきっかけはたくさんありました。

 

1、「ぶっちゃけ…」に続く言葉を考えてみた

 

ぶっちゃけて言うとさぁ…」っていう言葉が会話の中で出てきたとき、そのあとに続く言葉って、本音じゃないですか?

 

この言葉、本音をさらけ出すにはとっても有効!

 

私の場合、「ぶっちゃけ、コーチングやりたくないんだよねー…」が、すっっっっごくしっくり来ていました。

 

この言葉を口に出すと、気持ちが晴れ晴れとするんです(笑)

 

2、人のアドバイスに腹が立った

 

コーチングをすることに対する「正解」を導き出すために、結構な人数の人に相談していました。

 

「じゃあさ、これから気持ちがどう変化するか、試すつもりでコーチングを継続してみたら?」

「セミナーに高いお金払ったんだから、しばらくやってみなよ」

「やってるうちに楽しくなってくるかもよ」

「頭の中をちらついているうちは、それがやりたいことなんだよ!」

 

いろんな人がいろんなアドバイスをくれたのですが、多くの人が「コーチングを継続する提案」をしてくれました。

 

みんなよかれと思って、親身に相談に乗ってくれているのに、そのアドバイスに腹が立っている自分がいました。

 

今思えば、そのときの私の心の中は、

 

そうは言ってもコーチングやりたくない!

誰か「やめちゃえば?」って言ってー!

 

っていう気持ちだったんですよね。

 

でも、私は人に認めてもらえる「正解」を知りたくて、自分にとっての「正解」を無視していました。

 

人から賛同が得られないかもしれない道を行くのが怖くなってたんですね。

 

3、「やりたくないことはやめちゃおう」系の本をひたすら手に取っている

 

気が付けば、頭の中は「コーチング」のことばかりになっていました。

 

悩むたびに手に取るのは、「やりたくないことはやめちゃおう」系の本。

 

私、本当はやめちゃいたかったんですね、コーチング(笑)

 

賛同してくれる人がいないから、本にまで賛同を求めるようになっちゃってました(笑)

 

4、やる理由を必死に探してる

 

2020年の抱負の記事でコーチングに対する思いを書きましたが、

 

ああやって自分に「いかにコーチとしてコーチングをすることが大切なのか」をひたすらに言い聞かせていました

 

そうじゃないと、「コーチングをやろう!」って気持ちになれなかったんです。

 

本当にやりたいことは、理由がなくてもやっちゃいますよね

 

ドーナッツが食べたいなって本当に思ってたら、「ドーナッツを食べる理由」を必死に考える必要はありますか(笑)?

 

「さて、ミスド行ってドーナッツ買ってこようっと!」

 

で、完結じゃないですか(笑)?

 

5、自分にミラクルクエスチョンを投げかけてみた

 

ミラクル・クエスチョンである、

 

何も制限がなかったらどうしたい?

 

を自分に投げかけてみました。

 

コーチング、やりたくない

もっと好きなことしたい

コーチングするより、ブログ書きたい

読むこと・書くこと、それさえできれば自分は幸せ

 

答えははっきり出てきました。

 

6、好きなことに対して感じるワクワクが感じられなかった

 

「コーチングやる!」って結論出しても出しても、モヤモヤしている自分がいました。

 

「読む・書く」が大好きだってことに気付いた昨年は、かなりの回数カフェに行って、読書とInstagramの投稿をしてきました。

 

「読む・書く」をしているときの自分は、心が解き放たれて、満たされている

 

その感覚が分かっているだけに、コーチングではそう感じられない自分に気付いていました。

 

明らかに…コーチングは心がワクワクする方向には動いていない

 

なんだか苦しいだけ。

 

これだけ理由がたくさんあって、

 

「コーチングはやりたくない」っていう本音、もう見えてたんです。

 

とっとと「コーチングやめちゃおうっと!」って決断しちゃえばよかった!って今になってみると思います(笑)

 

本当に、本音に気付く機会って、日々、いろいろなところに散りばめられいて心のアンテナさえ貼っていれば簡単に分かることなんですよね。

 

それでもコーチングを手放せなかった理由って?

 

偉そうに、「本音に気付くって簡単!」って言っておきながら、私は半年以上も、コーチングのことで迷っていたんです。

 

「なんでそんなに葛藤しちゃったのかなー?」と振り返ってみたら、こんな理由が挙がってきました。

 

1、いろんな本で「話を聴くこと」の大切さが語られていたから

 

今までたくさん本を読んできました。

 

そこで、度々目にする「聴くことの大切さ」。

 

私は無意識に「人の話はひたすら聴かなきゃいけないんだ!」というルールを作ってしまったんです。

 

でも実際、私、コーチングスタイルで話を聴くことは好きではなく、

 

話したい人が話したいときに話せばいいし、聴きたい人は聴けばいい

 

っていう方が楽なんです。

 

人って興味がある話なら、しっかり聴いているもんだし、

 

いろいろ意見を出し合ったり、語り合ったり、自然な形がとっても好き。

 

それに、どちらかというと、話をしている側にいる方が好きです。

 

コーチングスタイルを意識すると、苦しくなっている自分がいるのに、本音はひた隠しにしていました。

 

ただ、思うのは、人の話を否定することなく、一旦、受け止めることは重要なことで、

 

それが必要なときは、聴くに徹するようになりました。

 

それは、コーチングを学んだことの恩恵です。

 

誰でも、本音をさらけ出したときに、

 

でもさ、それっておかしくない?

 

って否定から入られたら、気分はよくないと思います。

 

一旦は、「そうなんだね」と受け止める

 

その大切さを教えてくれたのが、コーチングです。

 

2、せっかくお金をかけて学んだから

 

大金を注ぎ込んだんだから、元を取らねば」という思いに取り憑かれていました。

 

「元を取らねば」精神で、時間を無駄にする方が、もったいないじゃん!

 

って今は思っていますが、

 

「お金や時間をたくさん使ったから、もったいない!」

「何かに活かさなくては」

 

と思って、自分の望む人生と違う方向に行ってしまうところでした。

 

「何をどこに活かすか」は自分次第で、何とでも考えられますよね。

 

私で言えば、コーチングと向き合うことで、コーチングにかけたお金や時間は大きいけど、

 

それ以上にお金をかけたいもの時間をかけてやりたいものが明確になりました。

 

それに、コーチングのセミナーで知り合った仲間は、波長が合うのか、今でも仲よくさせてもらっている人がいます。

 

一緒に前を向いて進んでいく仲間が見つかったっていうのは自分にとってかなり嬉しいことでした。

 

それに、コーチングセミナーでの学びは、子どもと向き合うときに、かなり役立つと思っているので、

 

もう十分に、コーチングって私の生活に活かされているんですよね。

 

3、コーチングがコンフォートゾーンを超えるきっかけになるんじゃないかと思ったから

 

コーチングを手放せなかった理由に戻りますが、

 

現状を打破するには、今と違う環境に身を置くことが大事だと思ったんです。

 

「コーチング」をすることで、また違った自分になれるって思ったんです。

 

コンフォートゾーンを超えるきっかけが、コーチングなんだって自分に言い聞かせてました。

 

でも、考えたのですが、

 

わざわざやりたくないことで、コンフォートゾーンを超えようとする必要はないんですよね。

 

好きなことをやっていたって、壁にぶつかることはたくさんあって、

 

そのときに、自分が今までやってきたことを超えていく。

 

それだけでいいって思ったんです。

 

4、求めてくれる人がいるならやろうと思った

 

でも、ありがたいことに、クライアントさんが見つかりました。

 

「「やってほしい」って言ってくれる人がいるのに、贅沢じゃない?」

「やりたいこと」だけやっていっても、生活できるかもわからないんだから、やった方がいいんじゃない?」

 

という自分の声が無視できませんでした。

 

でも…これもよく考えてみると、

 

会社員の人が、やりたい仕事があって転職を迷っているときに、

 

「君にこの仕事を頼みたいんだ」とか

「あなただから、できる仕事なのよ」とか

 

上司や同僚、部下からそんな言葉を投げかけられたら、自尊心をくすぐられちゃいませんか?

 

「そんなこと言ってもらえるなら、もうちょっとこの会社にいようかな?」

 

って、ちょっとは思っちゃいませんか?

 

でも、その仕事をやめた先に、

 

もっと素敵な仕事が待っていてもっと自分が重宝されるスキルが磨かれるかもしれなくて

 

もっと楽しい人生が待っている可能性だってあるんですよね。

 

5、「オールマイティーな自分だから愛される」という勘違いをしていたから

 

私、昔から「苦手があっちゃいけない」って意識が強かったんですね。

 

なので、昔は周りの人が求めることで、たいていのことはできたんです(笑)

 

で、苦手なことはなくすように指摘されることも多かったんです。

 

だから、いつの間にか、

 

苦手なことがあったらダメ

そんな自分じゃ愛されない

 

って思ってたんです。

 

でも、そんなことないですよね?

 

得意があって、苦手がある

 

でこぼこでもいいですよね?

 

へこんでいるところは誰かに助けてもらえばいいいし、

 

その代わりに、

 

でっぱっているところでその人を助けてあげればいい。

 

単純な話ですよね。

 

…と、こうやって、たくさんの「コーチングが手放せない理由」があったわけですが、

 

やっと、やっと、やっと…!

 

決断ができました!

 

私が迷って、決断するまでの葛藤が、誰かのお役に立てれば嬉しいです。

 

これからの私はどうするのか?

 

さて、コーチングをすることをやめた私が、

 

これからどこへ向かっていくかというと、とにかく「好き」「得意」を追求していくことにしました。

 

具体的には、「読むこと・書くこと」です。

 

私の中で、「読むこと・書くこと」は、なくてはならないものだし、

 

これだけがあれば、あとのことは何でもいい

 

ってまで思えるほど好きなことなんです。

 

だから、今年から、徹底して、やっていこうと思っています。

 

 

・ブログ

・Instagram

・翻訳の勉強

・絵本の勉強

・読書

 

 

今の私は、これをずっと、やっていたいんです。

 

こんなに強烈に、やりたいことに出会えて、本当に幸せだなと、つくづく思います。

 

それもこれも、今のコーチと出会って、コーチングを受けてきたおかげ

 

私は、「コーチとして、クライアントさんにコーチングすること」からは離れてしまいますが、

 

コーチングって本当に素晴らしいもの」なんです。

 

是非ぜひ、コーチングに興味のある方は、コーチを付けてみたり、セミナーを受けてみたりしてみてください!

 

私が最後に言いたいのは、

 

やりたくないことは、やめちゃっていいんだよ

 

っていうこと。

 

そのためには、自分の本音に気付いて向き合うことが大事

 

自分の感覚を信じて、あなたの本音をもっともっと、大事にしてあげてくださいね。

 

余談ですが、今、現状クライアントさんが3名います。

 

その方たちには、最後まで責任を持って、コーチングさせてもらう予定です。

 

最後までお読みくださり、ありがとうございました!

 

このあとに、私が決断するまでに参考にした本を紹介させてもらいますね!

 

後ほど、また更新しますので、よかったらまた見に来てくださいね!

Follow me!

シェアしてね!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です