キョロのInstagramはこちら

知識を循環させるために効果的な「本との向き合い方」

プライバシーポリシー

こんにちは!

 

「本さえあれば幸せ!」なキョロです。

 

いつも膨大な文字数の記事を書いてしまうので、今日はさらっと自分の気づきについてシェアさせてもらいます。

 

本が大好きなわたし。

 

三度の飯よりも、読書が好きで、歯磨きをするよりも読書をするほうが簡単というくらいに、読書が自分の生活に溶け込んでしまっています。

 

最近の問題、それは本棚に本が収納できなくなったこと。

 

本屋に行っては、新しい本を買い、積読本は増え、お金もなくなるし、収納場所もなくなり…

 

「実家に送る」という選択をしていましたが、それだって郵送するためのお金がかかるし、実家に送ってしまったら、滅多に手に取らなくなってしまうんですよね。

 

実家に帰る予定もないのに。

 

いずれ、本の処分に困るのは、わたし。

 

それも分かっていながら、増え続ける本たち。

 

どの本も、手放せない!

 

わたしにとって、購入した本は、「購入した価格以上の価値」があるように感じてしまうんです。

 

これって他の人にも、よくある話で、一度手に入れたものって、手に入れたとき以上の価値を感じてしまい、手放すのが難しくなるんですよね。

 

「もうこれは持病だ」くらいに思っていて、「本を買ってしまうわたしでもいい!」と全肯定(言い訳とも言う)していたのですが…。

 

自分のお小遣いにも限度があり、本も限られた数しか買えないし、本を好きなだけ買うと、それ以外の贅沢ができないという苦しみもあり…

 

本との向き合い方を変えざるをえないことが判明しました。

 

本当に短絡的な考え方だったのですが、「自分の欲は我慢せず、好きなように生きる!お金は本で学んだことを活かして稼げばいい!」という発想で…

 

でもその発想でいると、もしお金を稼いでいたとしても、稼いだ分だけ流れていってしまい、自分を幸せにするために買っていた本が、自分の人生を窮屈なものにしてしまっていることに気がつきました。

 

それに、積読本を抱えていることで、いつも未完了感にさいなまれている自分にも気がついていました。

 

加えて、たくさん本があって、いつでも読めると思ってしまうので、思ったより真剣に本に向き合うことなく、「まぁあとで読めばいいか」と先延ばし。

 

そして、手にとった頃には、その本に書いてあることが、情報として古くなっていたり、自分に合わなくなっていたりして。

 

「もう読んでもあまり意味ないな」と思って、ブックオフに売りにいったら、1500円で買った本が、10円…。

 

自分にとっての価値は上がっていても、世の中では本の価値は、基本的には、年月が経つほど、下がっていく…。

 

なんか…人生、損しているような。

 

本を熱心に読んで、人生を変えようとしているわたしが、本のせいで苦しみ、いつもお金のことで悩まされるっていうことが悔しくて。

 

負けず嫌いなわたしは、「人生楽しそうに生きている人」や、一般的に言って「成功している人」を見ると、「自分だってそうなるんだ!」と負けん気が働きます。

 

みんなにできて、わたしにできないはずがない。

 

そこで思い切って、決意したのが、「大事な本を手放してみる」ということ。

 

「これを手放したら、もう帰ってこない」というような本は、手元に残していますが、それ以外で内容全体を把握し、メモした本は、どんどんメルカリに出品してみました。

 

大事な本を手放すことで「知識の循環」というしくみ

 

大事な本を手放すことは、すごく心苦しいです。

 

ただ、よかったのは、本であふれていた部屋に空白ができ、落ち着いて部屋で過ごせるようになったこと。

 

余白があると、気持ちにゆとりができますし、引っ越す際にも、コンパクトな部屋を選び、家賃を下げることができます。

 

(我が家は転勤族なので、荷物が増えると不便が増えます。栃木県小山市→神奈川県横浜市→2年以内に全国どこかに…)

 

それから、本があるとすごくワクワクするのですが、同時に、いつも「読まなくては…」という義務感も、少し感じていました。

 

それが、取っ払われることで、気持ちがすっと楽になりました。

 

『「本好きなわたし」という肩書きに、こだわる必要もなくて、ただ、幸せになる手段として、「本」が含まれているだけなんだ』という感覚も得られました。

 

そして何よりよかったのは、「知識の循環」が感じられたこと。

 

これは意外な発見でした。

 

「本は永遠にとっておくものではない」と決意したことで、「それならば、知識だけはちゃんと吸収しよう」と本に対する意識がガラッと変わりました。

 

そして、新刊だとすぐ売れば高く売れることにも気づき、読んでメモして知識を網羅したら、売ることに。

 

そうすることで、新たな本を購入するお金もできました。

 

そしてまた新たな知識が入ってくる。

 

本自体はなくなってしまっても、しっかりメモをとり、それを印刷して、定期的に見返すようにもしたので、学んだ内容をほったらかしにすることもなくなりました。

 

(データが埋もれないようにすることは、とっても大切!)

 

本好きな人にとって、本の質感を感じることや所有していること自体が、幸せだったりもするのですが…。

 

それを一旦、捨てて、思いきったことをしたことで、新たな気づきがありました。

 

人生を変えたいのなら、思いきったことをしてみるのも、効果的なんですね。

 

積読本は増えているけれど、知識は思ったよりも増えていないし、人生も変わらないなぁという方に、ぜひおすすめしたい方法です。

 

大切なのは、本ではなく、本に書かれている知識。

 

(ちなみに、小説やエッセイなどは残しているものが多いです。読めば読むほどおもしろくなる小説も多いですし)

(それと、読み応えがあって、まだ理解しきれないけれど、読む価値があるものも残しています…「7つの習慣」など)

 

「知識の仕入れ」の手段として本があることを頭の隅に置いておくこと。

 

あくまで、わたしの体験からの気づきで、これから本とどういうふうに向き合っていくかは変化していくと思いますが、これも一つの方法としてありだな、と感じています。

 

本との向き合い方から学ぶ大切なこと

 

人生が行き詰まっているなと感じたら、なにかを手放す。

 

本などの物理的なものに限らず、凝り固まった思考、偏見、ネガティブな感情(場合によっては、ポジティブな感情の場合もあるかも)を手放してみる。

 

それは、とても怖いことかもしれませんが、それが人生を大きく変えるきっかけになることは大いにあります。

 

今までのやり方がうまくいかないのだったら、変えればいい。

 

そんな単純なことなのですが、やっぱり、失敗することは怖いし、批判されるのも怖いし、嫌われるのも怖い。

 

それでも、「なにかを手放す怖さ」を引き受ければ、人生はたやすく変わるのではないか?

 

本と向き合いながら、そんな気づきを得ました。

 

是非ぜひ、自分が心地いい本との向き合い方を見つけて、読書で人生を豊かにしていってくださいね。

 

わたしも、本とともに、人生変えていきます!

 

最後まで、お読みくださり、ありがとうございました!

キョロ
人生変えちゃおう!

Follow me!

シェアしてね!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です