絵本講座申し込み・執筆依頼はこちらから

「疲れて料理を作るのがイヤ!でもできれば自炊をしたい」と思うときの対処法

こんにちは、キョロです。

 

みなさんには、「疲れて料理するのがイヤ」と思うときはありますか?

 

キョロ
わたしはしょっちゅうあるよ。

 

「料理はしたくないけれど、自炊はしたい」

 

そんな葛藤を抱えている主婦のかたもいらっしゃるのではないでしょうか。

 

なぜそんな葛藤を抱えるのか。

 

その理由は、

 

外食をすると子どもの就寝時間が遅くなるから。

外食は栄養が偏りがちだから。

お金がかかるから。

子どもが食べられる食事が限られているから。

 

などが挙げられるのではないでしょうか。

 

自炊をすれば、

 

・いつも通りの時間に子どもを寝かしつけられる

・栄養のこともしっかり考えられる

・お金も外食より少なくて済む

・子どもの好きな料理も作ってあげられる

というメリットがあるんですね。

 

キョロ
子どもが生まれてからの外食は気を使うことが多いんだよね。

自炊にメリットがあると分かっていても、疲れているときは、心がとても消耗します。

 

「自分ががんばりさえすればいい」

 

そうやってがんばっていると、だんだん気持ちがすさんできます。

 

そのうち、「自分だけががんばっている」と思うようになります。

 

そう思うようになってきたら、危険ゾーン

 

そうなる前に、がんばりをセーブして心を休める必要があります。

 

キョロ
わたしは「夫や娘にイライラし始めたら、休みどき」と考えているよ。

 

今回は、「心身は疲れていても外食をせず、自炊をしたい」と思っている人に向けて記事を書きます。

 

もし「自分に当てはまっている」と思うならば、ぜひ最後まで読んでいただけるとうれしいです。

 

「疲れて料理を作りたくない」という状況を想定内に!対策を考えておけば心身を休めながら自炊が可能

 

子どものこと、栄養のこと、お金のこと。

 

「それらを踏まえるとやっぱり自炊がいい」という場合の対処法をこれから紹介します。

 

キョロ
外食もいいけれど、「このお店のこれが食べたい!」と思ったときにだけ行きたいなぁってわたしは思うんだ。

 

まず、「日々の生活に予想外の出来事はつきもの」ということを頭の隅に置いておきましょう。

 

キョロ
特に子育てをしていると公園遊びでなかなか帰れず、自分が疲れ切ってしまうっていうこともあるよね。

 

思ったよりもご飯を作る時間がない
思ったよりもに疲れてしまう

 

それを想定内の状況と考えて、前もって対策を考えておきましょう。

 

キョロ
自分が思ったように動けている感覚があるとイライラが防げるよ!

 

疲れたときの献立をいくつか決めておき、イライラを防ぐ

 

「疲れ切って料理が作れない」という状況があることを想定して、そのときの献立を最初から決めておきましょう。

 

・市販のスパゲティーソースでパスタ
・野菜炒め
・冷凍唐揚げ

 

など、主菜を決めましょう。

 

そして、

 

・具だくさんみそ汁
・野菜をちぎっただけのサラダ

 

など、汁物やサラダなどをつければOKです。

 

疲れ切ってしまったあとで「何を作ろうか?」と考えると、決めるにも時間がかかり、自己嫌悪におちいることもあります。

 

自動的に行動をするようにすれば、悩むことがなくなり、スッキリとした気持ちでささっと料理に入れるでしょう。

 

キョロ
時間があるときに、カット野菜を作っておくのもおすすめ。

 

簡単に作れて、栄養がとれるレシピを探しておきましょう。

 

キョロ
簡単な料理でも外食よりは栄養がとれることも多いよね。

 

心も体も余裕のあるときに作り置きをしておく

 

疲れたときに、レンジで温めるだけの「作り置き」を用意しておくのも一つの手です。

 

キョロ
鶏そぼろなどをたくさん作って冷凍しておくと、お弁当作りの時間が半減!

 

・もも肉を唐揚げ用に下味をつけて冷凍
・ひじきの煮物を多めにつくって冷凍

 

など、作り置きの工夫はいくらでもできます。

 

キョロ
パソコンで検索すればたくさんレシピが出てくるよ!

 

卵焼きも2回分作っておけば、2日分のお弁当の具になります。

 

工夫次第でいくらでも、料理の時間と手間を省くことができるんです。

 

気持ちよく手抜き料理を夫に受け入れてもらうコツ|前もって疲れたときの対策を伝える

 

自炊はするけれど、いつもほどちゃんとした料理が作れないとき。

 

夫に申し訳なさを感じる人もいると思います。

 

その対策として、疲れたときはどんな料理を出すかを伝えておきましょう

 

期待値を下げることで、自分も楽になりますし、夫も「そういうもんなんだ」と分かってくれます

 

キョロ
LINEで前もって伝えるのにくわえて、「もし食べるものがたりないようだったら、追加で何か買ってきていいよ」と伝えることもあるよ。

 

お互い不満がたまらないように、コミュニケーションを日頃からとっておくのがいいと思います。

 

キョロ
昔は我慢をしすぎて「わたしってこんなに大変なのよっ!」ってイライラしていたけど、夫は「突然キレられて戸惑うこともあったみたい。

 

結婚生活は長く続くものなので、家事も育児もほどよく続けていきましょう。

 

自分の能力や体力を過信していないか?無理な計画を立てていないか考え直す必要性

 

もし「毎日ご飯を作るのが本当に大変」と思っているのなら、これを機に生活全般を見直してみませんか

 

・手の込んだ料理ばかりを作っている
・やることを抱えすぎている
・無理に子どもの行動に付き合っている
・睡眠不足が続いている
・自分の時間がない
・自分の本音を無視している

 

など、思い当たる点はないでしょうか?

 

「今週こそちゃんとできる」と自分の能力や体力を過信していると、毎回できそうもない計画を立ててしまいます

 

キョロ
「自分が見積もっているようにはいかないもの」と思っていたほうがいいよ。

 

「これなら絶対できる」というくらいに、計画を調整して取り組んでいくことで、「自分でできた」という経験を積むことができます。

 

家事のレベルアップはそれからでもいいのではないでしょうか。

 

献立を見直すと同時に、生活全般を見直しましょう

 

睡眠時間をちゃんと確保すると、頭がスッキリしますね。

 

子どもに真剣に向き合いすぎて疲れてしまうのなら、少しはテレビの時間を増やすのもありだと思います。

 

自分の時間をちゃんと確保することで、気持ちに余裕を作るのもいいですね。

 

気持ちに余裕がなくなる

子どもにイライラする

料理を作る気がなくなってしまう

 

これでは悪循環です。

 

ストレスとうまく付き合っていくことが本当に大事です。

 

キョロ
わたしは自分のための時間を作るために早起きしているよ!そのために子どもと早寝!

 

 

育児・家事をうまくこなしていくためには、トライ&エラーが大切です。

 

「最初から完璧にできるもの」と思わず、「少しずつできるようになるもの」と捉えるのがいいでしょう。

 

料理の目的は何なのか?目的は手間ヒマをかけることではなく「栄養満点でおいしい料理」

 

さて、ここで「料理の目的」について考えてみましょう。

 

料理の目的ってなんでしょう?

 

きっと人それぞれだとは思いますが、その中でも、「栄養満点でおいしい料理を作る」というのが多くの人が考えることなのではないかと思います。

 

「栄養満点でおいしい料理を作る」というのが最大の目標であるとするならば、「手間ヒマをかけること」は第一の目標ではありません

 

むしろ、そこにこだわることはないと思います。

 

キョロ
「料理は手間ヒマをかけるもの」「主婦の価値は育児と家事にある」っていう思い込みがないか、考えてみてね。

 

もし料理することに疲れてしまっているのなら、「料理の時間を半分にするとしたら、どんな工夫が必要か」を考えてみませんか?

 

キョロ
ハンバーグ用に作るアメ色玉ねぎ。倍量を炒めておいて冷凍すれば次のハンバーグのときに使えるよ。

 

料理の時間を短縮した分、自分が好きなことをする時間にあててみたらどうでしょう

 

俄然やる気が出ると思います。

 

家事をちゃんとこなすこと以外にも、主婦の価値はあるとわたしは思っています。

 

家族が満足できて、おいしい料理なら合格。

 

ぜひ、この考え方を取り入れてみてほしいなと思います。

 

キョロ
わたしは「家族が安心して家で過ごせるようにすること」を一番大切にしているよ!だから自分の心の余裕が大切だと思っているんだ。そのためなら家事も積極的に力を抜くよ。

 

「疲れた」「料理したくない」を想定内に!コントロールできることを増やして葛藤を減らす

 

ここまでのおさらいをします。

 

「疲れて料理をしたくない」という状況を想定内にしておきましょう。

 

「もしこうなったらこうする」と決めておけば、想定内のことになるので自己嫌悪もないですね。

 

想定外だから悩むし、自己嫌悪にもおちいるんです。

 

トライ&エラーで生活を整えていきましょう。

 

キョロ
完璧にできることにこだわらない!

 

また、「料理は手間ヒマをかけるべき」という考えを手放して、あまった時間は自分の時間に使ってみましょう。

 

一度きりの人生です。

 

ぜひ幸せを感じられる時間を増やしていってくださいね。

 

最後までお読みくださり、ありがとうございました。

 

キョロ
一緒に人生変えちゃおう!

Follow me!

シェアしてね!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

PAGE TOP