キョロのInstagramはこちら

自分を満たす、ちゃんと伝える。それができれば夫婦関係はよくなる!

プライバシーポリシー

こんにちは。

 

 

キョロです。

 

 

今日は、夫婦関係をテーマに記事を書いていこうと思います。

 

 

ちなみに私はもうすぐ、結婚6年目に入るところです。

 

 

主人と知り合って7年になります。

 

 

今年、私に大きな変化があって、離婚するかしないか、際どいところまでいってしまって、

 

 

たくさんたくさん悩みました。

 

 

今現在、関係は落ち着いて、離婚話もなくなり、穏やかな時間が戻ってきましたが、

 

 

それまでは、どうやって今の状態から抜け出したらいいのか分からず、もがき続けてきました。

 

 

夫が私を理解してくれない!イライラが止まらない日々

 

 

今年から、私はコーチングを学び始めました。

 

 

私が学んでいたコーチングのセミナーって、全部受講すると、数十万になるんです。

 

 

お小遣いを少しずつ貯めていたお金ではまかなえなくて、主人に頼んで家庭からお金を出してもらう必要がありました。

 

 

勇気を出してお願いをしたのですが、返ってきた言葉が、

 

 

「コーチングって何?そんなに大金払うって、宗教かなんかじゃないの?」

 

 

でした。

 

 

確かに、コーチングというものを知らない人にとって、謎のセミナーに数十万払うのは、怖いかもしれません。

 

 

なので、そこからは毎日、「コーチングとは何か?」のプレゼンと、「セミナーを受講させてほしい」という気持ちを伝えていきました。

 

 

でも、一向に気持ちが伝わらなかったんです。

 

 

「それやる意味あるの?」と言われたり、

 

 

「自分はそういうの興味ないから」と話を突っぱねられたり、

 

 

理解してもらえない感がすごく強くて、主人に対して不信感を持つようになっていきました。

 

 

それからは喧嘩が多くなっていきました。

 

 

私の中で、

 

 

「主人=私のことを分かってくれない人」

 

 

というルールができあがってしまって、主人の何気ない言葉にイラついて、とにかく、喧嘩、喧嘩、喧嘩。

 

 

私の中で限界が来ていて、「離婚した方がまし!」と何度も思ったし、実際に何回もそれを口にしました。

 

 

私はしょっちゅうイライラしていて、いつも険悪モード。

 

 

そんな雰囲気の中で生活をしていて、主人がポロッとこぼした言葉がありました。

 

 

それは、

 

 

「俺は◯◯(私)のことを全然、幸せにできてないな…。夫失格やな。」

 

 

でした。

 

 

主人は、私がいつもイライラしていて、ぜんぜん楽しそうにしていないのを見て、

 

 

自分のことを夫失格で、「妻のことを幸せにできない価値のない人間だ」と思ってしまっていたんです。

 

 

それを言われたときに、私が楽しそうにしていたり、嬉しそうにしているのが、

 

 

主人にとっては、すごく大切なことで、主人の自信にもなっているんだなぁって気付いたんです。

 

 

そこまで関係が悪化してしまった私たちがですが、どうにか関係を立て直したくて、改善方法を探しました。

 

 

本を読んだり、人に相談して話を聞いてもらったりもしました。

 

 

関係を立て直すのに、かなり苦労しました。

 

 

でもなんとかコーチングのことを理解してもらって、関係もまたよくなりました。

 

 

ここから3つ夫婦関係をよくする、私が経験済みのおすすめ行動をご紹介します。

 

 

夫婦関係を改善するためのおすすめ行動 

1、自分を満たす

 

 

「妻が幸せそうにしているかどうか」って、男の人にはとても重要なことなんだそうです。

 

 

だから、奥さんであるあなたは、日々、幸せを感じられるように、自分を満たしていくといいんです。

 

 

でも、ここで重要なのが、「夫に満たしてもらおうとするのをやめる」ことです。

 

 

夫に満たしてもらおうとすると、旦那さんが満たしてくれなかったときに、「なんでわかってくれないのよ!」と逆に苛立って、関係が悪くなります。

 

 

なので、あくまで、「自分で自分を満たす」ということに徹してほしいと思います。

 

 

じゃあ、どうやって自分を満たすかというと、とても簡単です。

 

 

今日から、

 

 

何か食べたいものがあったら、我慢せずに食べてみてください。

 

 

疲れたら、「疲れちゃったー!」と言って、休んでください。

 

 

もし、育児がちょっとしんどかったら、児童館などの一時預かりを利用して、リフレッシュしてみてください。

 

 

罪悪感を持つ必要はなくて、自分がやりたい小さなことを一つひとつ叶えてあげるんです。

 

 

そうすると、旦那さんに満たしてもらわなくても、幸せを感じられるようになっていくんです。

 

 

その変化を旦那さんも気付くと思います。

 

 

そうすると、旦那さんの方も、「あれ、なんか妻が楽しそうにしてるぞ〜、俺といたら幸せなのかな♩」って思えるそうなんです。

 

 

そうすると、旦那さんも幸せを感じられて、「俺も妻のために頑張るぞ!」という気持ちになるらしいです。

 

 

実際に、私の夫で実証済みです(笑)

 

 

私が楽しそうにしていると、「俺といると幸せなん〜?」と聞いてきます。

 

 

「そうだよー」と答えるととっても満足げにしています。

 

 

自分で自分のことを満たしているだけですが、旦那さんにとっては、妻が幸せそうにしてるのって、嬉しいみたいです。

 

 

2、懲りずに自分の気持ちを伝え続ける

 

 

二つ目のおすすめ行動ですが、何度も何度も、旦那さんに自分の気持ちを伝えてください。

 

 

女性は、自分の子どもの異変や身の回りの変化によく気がつきますよね。

 

 

そうやって察する力は、男性より女性の方が強いです。

 

 

なので、女性の間では、何も言わずとも伝わることが、男性相手だと伝わらないことってよくあります。

 

 

私の場合でいうと、コーチングについて主人に説明するときに、感覚的に説明してしまい、

 

 

主人としては、

 

 

・コーチングとは何か。

・コーチングしてどうなりたいのか。

・収入はいつから、どれぐらい入ってくるのか。

 

 

を分かりやすく教えてほしかったようなんです。

 

 

「このくらい分かるでしょ〜」と雑に説明すると、ぜんぜん伝わらないんですね。

 

 

そもそも男性と女性で脳の構造も違うし、育ってきた環境もぜんぜん違う。

 

 

ちゃんと気持ちを伝えもせずに、理解してもらおうというのは、ちょっとわがままです。

 

 

「伝える」って面倒くさいし、察してほしくもなるのですが、

 

 

その気持ちをぐっとこらえて、「伝えること」を続けていってほしいなと思います。

 

 

私は、手紙を書いたり、気持ちを伝えるためのノートを作ったり、LINEで伝えたり、

 

 

あらゆる手段を使って、「私はこういう風に思ってるよー!」っていうのを伝え続けてきました。

 

 

それを続けていてわかったのですが、

 

 

仕事で部下や上司、お客さんの気持ちを一生懸命、察してちゃんと実績を上げている主人なのに、

 

 

私の気持ちはまるで分かっていないんです!!!笑

 

 

私の気持ちを察してくれて、求めることをささっとしてくれる、

 

 

そんな主人になってくれれば、と思ってしまうこともありますが、

 

 

やはり、気持ちを伝えていかないと、伝わらないんですね。

 

 

伝え続けていると、旦那さんの方も、妻をどう扱ったらいいのか分かってくるので、

 

 

突然、妻がプンスカしだして、「なんで突然???」になるということも、減ってくると思います。

 

 

根気のいる作業なのですが、よろしければ試してみてください。

 

 

3、自分から変わっていく

 

 

夫婦関係を改善するために、まず、自分から変わっていきましょう。

 

 

人って自分が変わろうと思ったときしか変われなくて、

 

 

妻が「変われ〜!変われ〜!」って旦那さんに圧をかけても、そう簡単に変われません。

 

 

たとえ変わってくれても、自分の意思で変わっていない場合、不満を持たれることもあります。

 

 

私も、無理矢理、主人に早起きの習慣をつけさせようとしたら、

 

 

「もう疲れた…。自由に起きたい。」

 

 

と言われた経験があります。

 

 

なので、「自分がまず変わること」が鉄則です。

 

 

自分を自分で満たしながら、今の気持ちをちゃんと旦那さんに伝えていってください。

 

 

自分を満たしていく途中、変わってきた妻の様子を見て、「前はもっと家事をちゃんとやってたのになー…」と思われたり、言われたりすることがあるかもしれません。

 

 

そのときは、

 

 

「家事は少し手抜きになっちゃうけど、こうやってゆとりがある方が◯◯(旦那さんの名前)と楽しく過ごせるんだよね」

 

 

というようなことを伝えてみるのもありだと思います。

 

 

私はそうやって伝えていった結果、家事の量が減ってもおとがめなし、やりたいこともやらせてもらえるようになりました。

 

 

なので、伝え方、も大事ですね。

 

 

こうやって、妻が変わっていくと、旦那さんにもいい影響を与えられるようになります。

 

 

我が家の場合は、私があまり会社に所属したいという気持ちがなく、

 

 

「やりたいことをやって生きる!」としょっちゅう言っていたら、

 

 

最近は主人も、「将来どうなりたいか?」を考え始めて、読書なんて1年間のうちに1冊読むか読まないかだったのに、今年は何十冊と読んでいます。

 

 

「夫に変わってほしいから、自分が変わる」という態度はお勧めしませんが、

 

 

「自分が変わってみたら、旦那さんも変わってしまった」ということもあると思います。

 

 

夫婦関係は自分から変えていこう! 

 

「夫婦関係がうまくいかない。旦那さんが私のことを理解しようとしないからいけないんだ!」

 

 

そうやって関係を諦めたり、旦那さんを責めたりする前に、「自分でできることは何かないか?」を考えてみてくださいね。

 

 

ただし、怒ると手が出たり、暴言を吐いたりして、危険な状態の場合は、必ず助けを求めてほしいし、「自分がどうにかしよう」と思わなくていいです。

 

 

そういう場合を除いてですが、是非、自分から積極的に関係をよくしていってほしいなぁと思います。

 

 

私も、今年、結婚生活最大の危機を迎え、「離婚するか、しないか」でかなり悩みましたが、

 

 

やっと落ち着いて、本当によかったです。

 

 

コーチングも、ちゃんと学べました。

 

 

夫婦生活にちゃんと向き合っていると、それだけでどんどん人間的に成長していけます。

 

 

せっかく結婚したのなら、大切なパートナーと真剣に向き合ってみてくださいね!

 

 

最後までお読みくださり、ありがとうございました。

Follow me!

シェアしてね!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です