確実な問題解決は課題の根っこに働きかけること

こんにちは、キョロ(→プロフィールはこちら)です。

学校が大嫌いなむすめ。先月から別室登校を始めました。

わたしとむすめは納得しているものの、担任の先生があまり納得していない模様。

がんばり屋の先生で「生徒のためになりたい」という思いがあふれるあまり、語気が強くなりがちだったり、「がんばればもっとできるよ」と圧迫感が強めの対応になってしまうようです。

わたしも担任の先生と話していると気後れしてしまうことがあり、電話を切ったあとに、モヤっとしたり、ドヨーンとした気持ちになったりと、あまりいい気分ではありません。

先生がある程度、柔軟に対応してくれるとこちらもありがたいのですが、人ってそうカンタンに変わらないもの。

わたし自身が変わっていく必要があるんだろうな、と感じています。

というのも、今回のようなコミュニケーションによるストレスは、別の人を相手にしているときや、違ったシチュエーションにおいても起こっていたから。

今回、先生が変わってくれたとしても、また別の場で、わたしはうまく乗り越えることができない可能性があるのです。

前々から、わたしは対人ストレスを感じやすく、特に意見の食い違いがあったときに、消耗してしまうことが多くありました。

「意見の食い違いがあったときにどう対応していくか。そのことによるストレスをどう解消していくか」

これが問題の根っこであり、これを解消できれば、担任の先生がどう出ようと、関係ないんですよね。

いつも意見が一致するなんていうのは、とても珍しいことであり、特に先生(指導者)と保護者という立場では、より難しいのだと思います。

相手を変えさせようとするよりも、自分の言動や捉え方を変えてしまったほうが、よっぽどスムーズにいくんです。

そんなわけで、対人関係で意見が食い違ったときの対処法について、研究(笑)を始めることにしました。

イライラしたら、マンガを読む。

迷いが出たら、ママ友に相談する。

カフェに行って気持ちを落ち着ける。

「意見の食い違いは、自分の本気度を試すために起こっている」と考える。

こんなふうに対処法をいくつか考え、実践してみて、その効果を踏まえてまた試行錯誤しようと思っています。

同じような問題が何度も繰り返し起こるときは、根っこの部分にアプローチするのがいちばんだと思います。

根っこの部分をうまく変えられれば、多くの問題を一気に解消することが可能です。

あなたには、いつも悩んでいることってありませんか?

ぜひ今日は、その根っこに向き合う時間をとってみてくださいね。

最後までお読みくださり、ありがとうございました。

Follow me!

シェアしてね!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

PAGE TOP