絵本講座申し込み・執筆依頼はこちらから

[確実に自分を成長させる方法]いつも同じことを考えるクセを克服しよう

こんにちは、数年前まで、ネガティブ思考の塊だったキョロ(→プロフィールはこちら)です。


いつも同じことで悩み続け、毎日、同じ話題を夫に話すばかり。

散々、悩みについて話したあと、夫に「で、どうするの?」と解決法を問われるものの、解決しようとせず、うんざりされていました。


ですが、この数年間で、このグルグル思考を解決できるようになり、たいていの問題をスルっと解決できるように。


今日は、わたしの経験から学んだ、「確実に自分を成長させる方法」について書きました。


今日の記事は、こんな人におすすめです。


こんな人におすすめ

・いつも同じことを考えている

・考えるものの行動が伴わない

・現状維持が当たり前

・自分の成長が感じられない



変化のない毎日にうんざりしているなら、ぜひ最後まで読んでみてくださいね。


人はいつも同じことを考え続けている



気づいたら、同じことを考えている。


昨日もおとといも、それどころか先月も同じことを考えていた気がする。


よくよく考えてみたら、去年も、いや数年前もそうだったかもしれない。


これらの行動、思い当たりませんか?


こんなふうに書くと、同じことを考えるのが、とても悪いことのように感じますが、ほとんどの人は、昨日と同じことを考えているんです。

人は、1日6万回ほど思考するそうです。


そのうちの95%は、昨日と同じこと。


そして、80%はネガティブなことを考えているとのことです。


ですから、毎日、同じことを考えているのは、特別なことではなく、よくあること。


ですが、変化しない自分にうんざりしていたり、成長を感じたいのであれば、このグルグル思考に、終止符を打つ必要があります。

現状維持を招くグルグル思考を終わりにする方法は、とても簡単です。

悩みや問題の対策を考えて、実践するのみなんです。


自己成長を促すために、問題を特定し対策を考える



悩みや問題の対策を考えて、実践する方法を解説します。


悩みや問題の対策と実践方法
  1. 何が問題なのかをはっきりさせる
  2. 問題の対策をいくつか考える
  3. 対策のうち1つを実践する
  4. フィードバックを得る
  5. 1から4を繰り返す


1から5をさらに詳しく解説します。

①何が問題なのかをはっきりさせる



まずやるべきことは、どんな問題について悩んでいるのか、はっきりさせることです。


「なんだかモヤモヤする」という状態では、対策は考えられません。


問題をはっきりさせるおすすめの方法は、この2つです。

問題をはっきりさせるための行動
  • 思っていることを洗いざらい書き出す
  • 人に話す



思っていることをひたすら書き出すことで、自分は一体、何に悩んでいるのかが見えてきます。


また、人に話すことで、心の中が整理され、問題がわかることもあります。


大切なのは、頭の中に留めておいた思考を、アウトプットすることです。

②その対策を書き出す



悩みが明確になったら、それを解決する方法について、考えてみましょう。


対策は一つではなく、思いつくだけ書き出してみるのがおすすめです。


このとき、できるかどうかを考える必要はありません。


いくつかの方法を考えておくことで、問題を解決できる可能性が高まります。

③対策のうち1つを実践する


いくつか対策を考えたら、そのうちの1つでいいので、実行にうつしましょう。


その対策があまりに大きな行動であれば、小さな行動にわけてみるのがいいです。


ほんの小さな行動でも、何かしらの行動を起こすのがポイントです。


確実に実行するための方法に、「スケジュール帳に実践する予定を書き込む」というのが挙げられます。


もしくは、実践すると決めたら、深く考えずにその場でやってしまうのも、一つの方法です。


キョロ

わたしは、Excelで「グルグル思考解決シート」というのを作っていて、「問題→解決法→実践する日時」を記入しているよ。

④フィードバックを得る


対策を実行に移せば、フィードバックを得ることができます。


フィードバックの例にはこれらが挙げられると思います。

フィードバックの例
  • うまくいかなかった
  • 少し改善された
  • 新たな問題が生まれた



これらのフィードバックを元に、問題に対する対策をまた考えます。

⑤1から4を繰り返す


フィードバックが得られたら、1から4をまた繰り返します。


うまくいかなかったのなら、別の対策を実践してみます。


問題が少し改善したのなら、さらに改善する方法を考えて、実践します。


新たな問題が生まれたのなら、別の対策を考え、実践です。


このように、「問題の認識→対策の実践→フィードバック→問題の認識…」と繰り返していくことで、現実は変化していきます。

まとめ:成長を感じるために重要なのは具体的な行動を起こすこと



現実が変化するには、実際に行動するのが不可欠です。


「サッカーが上手になりたい」と思うだけでは、サッカーが上手にならないですよね。


サッカー上手になるためには、何か行動を始めないといけないわけです。


例えば、こんなことですね。

サッカーを上達させるために必要なこと
  • ボールを用意する
  • ルールを知る
  • 実際にボールを蹴ってみる
  • 仲間を見つける
  • サークルに入ってみる


実際に行動に起こすことが何より大事です。


フィードバックは行動を起こしたからこそ、生まれるものです。


悩みや問題を頭の中で膨らませているだけでは、一歩も前に進むことはできません。


一歩と言っても、大きな歩みである必要はなく、ほんの小さな一歩でいいんです。


いつもと一歩違う行動を起こすことで、確実に現実に変化が起きてきます。


ぜひ、頭の中のグルグル思考を書き出してみてください。


そして、対策を考え、実践してみましょう。


1日1つずつでも実践していけば、1年後には大きな変化を遂げた自分に出会えます。


最後まで、お読みくださり、ありがとうございました。

キョロ

実践力で大きく成長しよう!

Follow me!

シェアしてね!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

PAGE TOP