育児でイライラしないためのコツ。本当に重要なこと以外、こだわらない。

こんにちは、キョロ(→プロフィールはこちら)です。

小2の女の子を育てています(2024年現在)。

「キョロちゃんは、お子さんを怒ったりする印象がない」と、よく言われます。

実際、そうですね……、あまり怒らないかもしれません。

ときどき、虫の居所が悪いと、イライラが表に出てしまうことがありますが、それでも、

「今日、ママ、イライラしてるから、やさしくできないかも。ごめんよ〜」

なんて言いながら、穏便(おんびん)に過ごすことのほうが多いです。

どうして、わたしが、子どもに怒りをぶつけずにいられるか。

それは、「本当に重要なこと以外、こだわらないようにしているから」だと思います。

子どもが靴下を脱ぎっぱなしにしても、お風呂から出て1時間以上、裸だったとしても、

「別に、死にやしないしね」

と、思うようにしているんです。

真冬の寒〜い時期に、裸で長時間いるときは、

「はい、裸んぼさん!そろそろ、お洋服を着て、モコモコひつじになりましょう♬」

などと言って、本人をその気にさせることが多いです。

そのほうが、「早く服着てって言ってるでしょ!」と怒り散らすより、早いんですよね。

おもちゃを出しっぱなしにしていても、「むすめも、疲れているんだろうな」と思って見逃してしまうし、

テストで間違えても、「あ〜、これ難しいよね〜。間違うのもわかる」など言って、咎める(とがめる)ことはありません。

習っているピアノの練習をしなくても、あまり口うるさく言いません。

練習をちゃんとしてくれたときには、「毎日、コツコツやっているから、うまくなってきたね」などとは、伝えますが……。

わたしが怒るのは、人を傷つけることを言ったり、いじわるをしたりしたとき。

それくらいですね。

そういうとき以外で怒ってしまうのは、わたしに余裕がないとき。

子どものせいではなく、自分の問題です。

だからと言って、むすめがものすごく優秀なわけではなく。

天真爛漫な子です。

すぐ悪ふざけしたりもします。

でも、「むすめは、むすめなりに、よくやっている」と思っているし、

「靴下の脱ぎっぱなしも、いつか変わるのでは……?」と長い目で見ているから、怒らなくて済むのかもしれません。

いつか彼氏ができたときに、靴下を脱ぎっぱなしは直るかなぁ……なんて思っています(笑)。

靴下脱ぎっぱなしが直らず、彼氏の前でも同じことをしていたら……?

「彼氏がそれでいいなら、いい!」とも思ってしまいます(笑)。

子育てに関しては、あまりこだわらないようにしているんです。

不要なこだわりを手放すために、自分の完璧主義な部分を、少しずつ手放すようにしています。

自分自身が、「ちゃんとやらなくちゃ」と思っていれば思っているほど、周りの人の「できていないところ」が目についてしまいます。

でも、自分がゆるっとしていれば、

「自分もたいしてできていないし、そりゃ、みんなだって、完璧にはできないよね」

とやさしくなれるんです。

だから、ママは、「自分にやさしく、他人にやさしく」の精神で。

大前提として、「ママの心が満たされていること」がとても大事です。

自分のケアができていないことが原因で、イライラしてしまうことが多いです。

自分の時間を確保したり、気分転換したり。

こういった時間をとるだけで、子どもにチクチク言うのをやめられる場合も。

「やさしいママになりたい」と思ったら、まずは、自分にやさしくなること。

そして、不要なこだわりを手放すこと。

「これができなくったって、死にやしない」

こう自分に言い聞かせて、心をゆるませていきましょう。

最後までお読みくださり、ありがとうございました。

Follow me!

PAGE TOP