キョロのInstagramはこちら

我慢ばかりで人間関係が長続きしない人は本音を伝えることから始めよう

プライバシーポリシー

 

 

こんにちは!

 

キョロです!

 

今日は、人間関係で本音を言えず、ストレスを溜めがち、付き合っているうちにだんだんと疎遠になってしまう人への記事です。

 

あなたは、人付き合いは上手なほうですか?

 

それとも苦手なほうですか?

 

わたしは…どちらかというと苦手です。

 

まぁ主人と娘とはわりとコミュニケーションをとれているし、

 

こうやって文章を書いていたり、本を読んだりする時間があれば、かなり幸せな気分でいられるので、差し迫って困ってはいませんでした。

 

でも、ふと、今までを振り返ってみると、友達を作っても、長く付き合っている友達がかなり少ないことに気付きました。

 

自分の考えや価値観が変われば、人間関係は変わっていくものだと考えているので、関係がどんどん変わっていくことには、ぜんぜん抵抗はありません。

 

ただ、もし昔からの友達との関係が自分のちょっとした工夫で、関係を続けられていたとしたら…。

 

たくさんの思い出を共有した友達とつながりがなくなっていく自分に、ちょっと嫌気がさしたので、ここでちょっと人間関係のことと向き合ってみることにしました。

 

読んでくださっているあなたに思い当たる節があるならば、今回、わたしと一緒に、人間関係の新たなステージに進んでみませんか?

 

自分を抑えてしまうあなたの人間関係が続かない理由は、本音を言わないこと

 

 

記事の最初の部分でも書きましたが、人間関係が続かない理由の一つとして、「ちゃんと本音を言わないこと」が挙げられます。

 

忍耐強い人や相手の立場を考えて行動する人はつい「本音を言うこと」を避けてしまいがちですが、いい関係を長く保つには、やっぱり本音を伝えることは大事です。

 

いい関係を続けたいから、「我慢をして合わせる努力」をするんじゃなくて、

 

いい関係を続けたいから、「本音を伝えた上で、歩み寄る努力」が必要なんです。

 

わたしの場合ですが、本音を言わないせいで、だんだんと自分の中に相手に対する不満が溜まってしまって、「もう関わるのやめよ…」って勝手に関係を終わらせることがよくありました。

 

友達に対して、なにか思うことがあったときに、ちょこっと気持ちを伝えるだけで、スッキリしたかもしれないことを、ずっと自分の中に溜めておいて、限界がきてしまう。

 

相手からすると、わたしが何に怒ったのかもわからないし、それ以前に怒っているのか悲しんでいるのかもわからない。

 

突然、連絡が来なくなる。

 

お互い楽しく関係を作っていたはずなのに、突然、関係が終わりにしてしまうんです。

 

相手は何がなんだか分からないですよね。

 

そんなわたしのように、自分を抑えて、勝手にストレスを溜めて、人間関係がうまく継続できない人は、ちゃんと本音を伝えていかなきゃいけないんです。

 

それさえできれば、人間関係ってガラッと変わるんです。

 

 

本音を言うことができないのは、心の奥底で今のままでいいと思っているから

 

 

では、それを分かっていて、なぜ本音を言えないんでしょうか?

 

それは、

 

「傷つくのが怖いから」

「めんどうだから」

「やったことがないから」

 

そして、

 

「モヤモヤと悩みながらも、心の奥底では今のままでいいと思っているから」

 

だとわたしは考えています。

 

「人間関係のことで悩んでつらい」って感じながらも、解決するために動かないのは、今いる場所にいることに何かしらメリットがあるからなんです。

 

今のやり方でいれば、人間関係のモヤモヤは消えないかもしれません。

 

でも、本音を伝えたあとの相手の反応に、一喜一憂することはないし、相手と真剣に向き合うための努力をする必要もありません。

 

楽チンなんですよね。

 

いつもと違うやりかたをやってみるのは、自分にとって、リスクがあるように感じてしまうんです。

 

だから、やっぱり、慣れ親しんだ方法で人と付き合ってしまいます。

 

いま苦しんでいることよりも、本音を伝えることのほうが、本当はつらいと思っている。

 

だから、「モヤモヤするな〜」って思いながらも、本音を言うことはできず、現状維持をしてしまうんです。

 

変わろうって思っても、人ってなかなか変われないもんなんですよね。

 

人間関係を変えたいのなら、覚悟を決めて、本音を伝えてみよう

 

 

わたしも、「改善できるといいなぁ」と軽く思うだけで、主人と子ども以外の人間関係のことには、あまり真剣に向き合ってきませんでした。

 

本音を伝えるようにしたら、関係がいい方向に変わるかもしれないなと思いつつ、自分が本音を伝えたあとの相手の反応に傷つくのが嫌でした。

 

どんな反応がくるのか怖い。

 

わたしの弱いところを突かれるかもしれない。

 

それで、感情を乱されるのも嫌だなぁ…。

 

まぁ夫婦の仲が落ち着いているし、特別、困ったこともないしなぁって言い訳をして。

 

 

でも、主人や子ども以外にも深いつながりがほしいなと思い始めて。

 

だから、自分を変える決意をしました。

 

もし、あなたが、いつも本音を抑えてしまって、人間関係が嫌になってしまう、続かない、ということで悩んでいるのなら、一緒に変わる決意をしませんか?

 

傷つく可能性もあります。

 

今までとは違ったやり方に戸惑ったり、不安になったりすることもあるかもしれません。

 

そのたびに、また考えて、行動を起こさなくちゃいけなくなるかもしれません。

 

でも、もしかしたら、上に書いたようなデメリットばかりではなくて、

 

今までよりも、ずっと風とおしのいい人間関係が待っているかもしれないんです。

 

もし、この記事に共感してもらえたのなら、是非、今日から少しずつ本音を伝える練習をしてみてください。

 

いつもと違った行動を起こせば、いつもと違う結果が出ます。

 

その結果からまた行動を起こせば、どんどん人生が変わっていきます。

 

 

ちなみにですが、

 

この記事を書き終えて、ずっと関係がこじれていた友達に数年ぶりに連絡をしました。

 

そして素直に気持ちを伝えました。

 

対面や電話ではすごく怖かったので、LINEで気持ちを伝えたので、どんな反応が返ってくるかはわかりませんが、新たなわたしになるべく行動できたことは、本当によかったと思っています。

 

わたしはこのブログとともに、成長していく自分を楽しもうと思っています。

 

新たな一歩を踏み出すことは、ときに、ものすごく怖いです。

 

でも、その一歩先に、もっともっと素敵なあなたが待っているかもしれません。

 

もし、いま自分が苦しくてたまらないっていう人は、何か一つでも、行動を起こしてみませんか?

 

もし「これからキョロと一緒に変わっていきたい!」って人がいたら、コメントをください!

 

応援し合って、自分らしい人生を生きましょう!

 

あなたが幸せな未来に向かって進んでいくのを応援しています!

 

最後までお読みくださり、ありがとうございました。

 

 

よろしければ、メルマガ登録お願いします!

 

キョロからのおたより 読者登録フォーム






 

 

Follow me!

シェアしてね!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です