【読書感想文】『成熟スイッチ』(著・林真理子/講談社現代新書)

こんにちは、読書をこよなく愛するキョロ(→プロフィールはこちら)です。

先日、『成熟スイッチ』(著・林真理子/講談社現代新書) という本を読みました。

読んで勇気をもらったので、こちらで共有します。

created by Rinker
¥924 (2024/05/20 09:08:53時点 楽天市場調べ-詳細)

お知らせ

キョロが所属する【習慣化オンラインサロン】で活動してみませんか?
月額5,500円(税込)で毎日が充実します!
「習慣化オンラインサロン」のご案内

人が成熟した結果、器が大きくなり、ドンと構えられるようになる

「成熟」という言葉に惹かれて購入した、こちらの本。

「魅力あふれるおばあちゃんになりたい」と願うわたしにとっては、かなり学びの多い一冊となりました。

わたしが、「成熟」という言葉から想像するのは、「ドンと構えて、動じない」イメージ。

こちらの本では、瀬戸内寂聴さんなどの例も、挙げられています。

以前、「自分の理想の生き方をしている人」を考えてみたときに、出てきたのも瀬戸内寂聴さんでした。

どんなことも、おおらかに受け止めて、しなやかに生きているようなイメージがあったからです。

「物事に真剣に向き合い、ピンチにも屈しない、そして、とてもチャーミングな人間になりたい」

「こんな人になりたいなぁ」と将来の自分にワクワクしながら、読み進めていきました。

「必要とされる自分」になるのではなく、「人のためになる自分」になる

共感できたのが、「必要とされる自分」を目指すのではなく、「人のためになる自分」になっていくのがよいという点。

わたし自身、この1〜2年は、自分ができる「貢献」について考えてきました。

「自分はこんなに大変なんだぞ」

「誰かにわたしの気持ちをわかってほしい……」

「もっと認めてほしい」

クレクレ星人だったわたしは、まわりの人たちに、支えられながら生きてきました。

数年前まで、わたしは、ずっと被害者意識を持って生きてきたんです。

でも、みんなそれぞれ、大変な思いをしながら生きているんですよね。

自分だけが不幸に見舞われているわけではなかったんです。

そもそも、「自分はものすごく不幸だ」と思い込んでいたこともよくなかったと思います。

「誰かわたしを理解して!」という姿勢から、「わたしには何ができるのか?」という姿勢で生きる自分へと変化したのが、この数年の大きな成長でした。

真面目な姿勢を貫く

とは言え、「誰かに認められたい」と思う瞬間はあります。

でも、何も行動を起こさずに、認めてほしいなんて、虫がよすぎますよね。

やはり、コツコツ真面目な姿勢を貫くことが提案されていました。

もともと、コツコツやるのが得意なわたしですが、これからはより一層、「誠実に真面目に生きる道を歩んでいきたい」と思いました。

小さな変化を起こせば、気づいたときには「成熟した人間」に。

「変わりたい」

そう思うのなら、小さな行動でもいいから、着実に前に進んでいくこと。

多くの人が口をそろえて、言うことですよね。

でも、これが難しい。

何も行動せずに、「変わりたい」と思っている人が大半なのではないでしょうか。

それどころか、「自分が変わりたい」のに、「誰かが自分を変えてくれる」のを待っている人さえいます。

「変わりたいなら、自分で道を切り開け」

この本から、こんなメッセージを受け取りました。

よ〜し、がんばるぞー!

元気をもらい、今日も前に進みます。

とても素晴らしい本でした。

ぜひお手にとってみてくださいね。

最後までお読みくださり、ありがとうございました。

キョロ

『成熟スイッチ』で、人生を変えよう!

Follow me!

PAGE TOP