キョロのInstagramはこちら

自分の気持ちを全肯定するだけ。幸福感が確実に増える方法

プライバシーポリシー

 

こんにちは!

 

キョロです!

 

今日は、「優しくて、みんなの気持ちを考えて、つながりを大事にするあなた」へのメッセージです。

 

最近、あなたは、自分の気持ちを大切にしていますか?

 

わたしが思うに、みんなの気持ちを考えて、まわりのみんなを大切にする人ほど、自分の気持ちをないがしろにしがちです。

 

最近の出来事を振り返ってみてください。

 

「これをやったら、みんなに迷惑がかかるんじゃないかな?」とか「みんなはこう言ってないから、きっと自分の思ってることって間違ってるのかもしれない」って思って、

 

自分の気持ちを引っ込めたり、否定したことはありませんか?

 

そのときの心とからだの感覚を思い出してみてください。

 

きゅうっと苦しくなる感覚や、体が硬くなる感じがしませんか?

 

なんだか窮屈な感じですよね。

 

この苦しい感じがなくなったら、心がスッキリして、のびやかな気持ちで毎日を過ごせると思いませんか?

 

その鍵は、「自分の気持ちを全肯定するかどうか」にかかっています。

 

それができるだけで、毎日の充実感や幸福感が、格段に上がるんです。

 

是非、今日から、自分の気持ちを全肯定してみましょう。

 

 

自分の気持ちを全肯定できない人に理解してもらいたいこと

 

 

「そんなこと言ったって、そう簡単に自分の気持ちを全肯定できないよ!」

 

って思ったあなたに、理解してもらいたいことが2つあります。

 

自分の気持ちを安心して全肯定するために理解してもらいたい2つのこと

自分の思っていることに「正解」も「不正解」もない

 

まず一つ目。

 

自分の思っていることに「正解」も「不正解」もないんです。

 

ついやってしまいがちなこと。

 

それは、自分の思っていることを、いいことなのか、悪いことなのか、ジャッジしてしまうことです。

 

世間から見て、評価されるもの、称賛されるもの、じゃなきゃダメっていうのは、自分の思い込みです。

 

人を悪く思ってもいいし、イラついてもいいし、嫌いだと思うものがあってもいいんです。

 

ちょっとダークな部分を持っているくらいのほうが、親しみが持てるし、こっちも肩ひじ張らずに過ごせる気がして、

 

友だちにするなら、ちょっと毒があるくらいのほうが楽しいです(笑)

 

自分が思っていることは、正解でもないし、不正解でもない。

 

そして、相手が思っていることも、正解でもないし、不正解でもない。

 

そんなふうに思っていると、少し気持ちもゆるむのではないでしょうか?

 

単純に、自分が「いい」と思えばいいし、「これはちょっとなぁ…」と思えば、それでいいんですよ。

 

ときに、事実をゆがめて受け取りすぎていたり、誤解していたりすることもあるかもしれません。

 

それは、自分と向き合って少しずつニュートラルに考えらるようにすればいいだけ。

 

まずは、自分の自分のあらゆる気持ちを全肯定してみましょう。

 

2、理解されなくてもいい、「理解されたらラッキー」くらいに思うこと

 

 

そして、もう一つ、覚えていてほしいのは、

 

「自分の気持ちを、全部、理解してもらえるとは限らない」ということ。

 

むしろ、「完全に理解し合うのは至難のワザ」くらいに思っていたほうがいいのかもしれません。

 

「自分はこう思う。だから全部、受け入れてね!」

 

っていうのは、そもそも、すごくむずかしいんです。

 

そうできるのが理想かもしれませんが、それは相手の心の状態とか、今いる人生のステージとか、そういったものにも左右されます。

 

それに、相手にとって、どうしても受け入れがたい事実や考えであれば、どんなに力説しても、理解してもらえないことはあります。

 

だから、「理解してもらえること」を期待しすぎない。

 

その上で、冷静に気持ちを伝え続ける。

 

最終的にお互いが理解し合うには、それが大事なことになってきます。

 

いつでも、理解し合えたら、気持ちもスッキリするでしょう。

 

でも、そうじゃないグレーゾーンにいることも受け入れられると、かなり気持ちは楽になってきます。

 

これは、わたしにとっての課題でもありますが(笑)

 

どんなときも、「自分の気持ちを全肯定する」って、勇気のいることですよね。

 

せめて誰か一人にでも、理解してほしいって気持ちはすごくわかります。

 

だけど、理解されないことってあるんです。

 

理解されないからといって、自分の気持ちを否定しないでほしい。

 

それにわたしも、自分の気持ちを全肯定する練習をしているところ。

 

この二つのことを、頭にたたき込みながら、一緒にがんばりましょう。

 

夫に否定されるのが怖いわたしの経験談

 

 

ここで、わたしの経験談を書かせてもらいますね。

 

我が家は、今、断捨離中です。

 

前回の記事で、「ゆるミニマリスト」を目指すことを宣言させてもらいました。

 

そこで、夫と、モノを不要に増やさないために、買いものをするときは、それが本当に必要なモノなのか、お互いに止めに入ることを約束しました。

 

だけど、この前、KEYUCAで売っていたマグカップに一目ぼれしてまったんです。

 

これ…わたしの書斎に絶対、合う!!!

 

これが本当に気に入ったら、ほかのもうマグカップは買わない!

 

そう思ったら、すごく買いたくなってしまったんです。

 

でも、夫に言ったら、「マグカップはもういらんやろ」って、きっと…いや、絶対、今なら言われてしまう。

 

「せっかく断捨離してるのに、また買いたくなっちゃうなんてダメだなー…」

 

「買ったら注意されるかもなー…」

 

って、一瞬、思いました。

 

でも、わたしは、そのマグカップをできる限り、ずっと使い続けようと思ったし、それ以上、マグカップを増やすのはやめようって決意をしました。

 

夫の考えは夫の考えであって、わたしにはわたしの考えがある。

 

そう思ったので、思いきってそのマグカップを買いました。

 

その後、朝、そのマグカップにコーヒーを淹れて過ごす時間がとてもステキなものになりました。

 

理想を言えば、

 

わたし「このコップ、いいなー!」
夫  「あ、ほんとだ!いいね!」
わたし「買ってくる!」

 

っていう流れを踏みたかったのですが、今回はそれがむずかしそうでした。

 

たかがマグカップごときの話なのですが、それだけのことで、わたしは自分の気持ちを否定しようとしていたんです。

 

夫は、このブログを知っているので、隠してはいないし、実際、マグカップを買ったからと言って、ケンカになるようなことはないです(笑)

 

でも、夫とは違う考えだったので、ちょっと葛藤しました。

 

自分の気持ちを否定してしまう場面って、日々の生活に、本当にたくさんひそんでいるんですよね。

 

自分の気持ちは全肯定。そしてできるだけやりたいことは叶えてあげて。

 

自分の気持ちを全肯定するだけで、心もからだも、かなりスッキリするのを感じられると思います。

 

そして、もしできればなのですが、やりたいことが出てきたら、それを叶えてあげてください。

 

それが、自分を大切にすることにつながります。

 

自分の1番の味方は自分だから。

 

それに、一度きりの人生なんだから。

 

みんなに気遣って、やさしいあなたはステキです。

 

でももっと、自由に、自分の気持ちを感じてください。

 

そうすれば、気持ちが満たされて、今よりも幸せを感じながら、毎日を過ごせるようになりますよ。

 

最後まで、お読みくださり、ありがとうございました。

 

ーーーーーーーーーーーーーー

 

わたしが昨年から取り組んでいる、
自分を全肯定する練習。

これは「シンクロちゃん」という本を参考にしています。
マンガで書かれていて、とっても読みやすいです。

実践するようになってから、
すごく気持ちが楽になるのを感じています。

是非、手にとって
読んでみてだくさい。

 

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

シンクロちゃん [ 佐藤由美子 ]
価格:1430円(税込、送料無料) (2020/3/11時点)

 

 

それから、

わたしがKEYUCAで一目惚れした
マグカップはこちら。

シンプルですが、無機質ではない。
味のあるマグカップ。

受け皿も一緒に購入しました。

わたしの書斎は
無印良品、ニトリの商品を使って、
薄い茶色と白(クリーム色)で整えています。

ホワイトを購入しましたが、
調和がすばらしい!

つい柄もののマグカップとか、
濃い色のマグカップを選びがちですが、
淡い色のマグカップもおすすめですよー!

量的にも、
多すぎず、少なすぎずで、
1〜2時間、ブログを書いたり、勉強をするときに
ちょうどいいです。

 

ソーサーはこちら。

ソーサー4種の中で、わたしはアッシュを買いました。淡い色のスペースにおすすめです。

 

 

是非、お試しあれ〜!

最後までお読みくださり、ありがとうございました。

Follow me!

シェアしてね!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です