断捨離をして気づく、自分が本当に大切にしたいこと

こんにちは、キョロ(→プロフィールはこちら)です。

最近、わたしがハマっているのが断捨離。

もともと片づけ好きではあるわたし。

でも最近は、ちょっとずつ、ちょっとずつモノが増え、管理の手間が……。

そんなときに、書店で『おふみさんの捨てログ』という手帳を発見。

created by Rinker
¥2,178 (2024/05/20 23:18:14時点 楽天市場調べ-詳細)

これを買ったことが、ちょっとした転機になりました。

ミニマリストだと思っていたけれど、思った以上の不用品が……。

『おふみさんの捨てログ』には、モノを手放すコツと、手放したモノを記入できる欄があります。

「モノを手放すために、これを買うって、結局モノを増やしちゃってるじゃん!」と思いつつも、わくわくが止まらず買ってしまいました。

結論、買ってよかったなと思います。

手放しかたのコツをチェックしながら、モノを減らせるのというのが、とても気軽で、すんなり手放せたものがたくさん!

自分のことをミニマリストだと思っていたけれど、実際のところ、そんなこともなくて(笑)。

思った以上に、我が家には不用品があふれていました。

どんどん手放していくと、少しずつ部屋がシンプルになっていき、心が満たされました。

モノを減らしていると突然ひらめきが……!

いさぎよく不用品を手放していくと、突然、ひらめきが!

「わたし、シンプルな暮らしがしたいんだ」

「やりたくないことを無理してがんばるのは、もうやめたい」

「自分の大好きなことをする時間をもっと増やしたい」

心の声があふれ出したんです。

この感覚、すごく久しぶりでした。

片づけをすることで、自分が大切にしたい価値観を思い出すことができました。

自分を幸せにするはずのモノやこだわりが自分を苦しめていた

考えてみたら、最近のわたしは、いらないモノをたくさん抱え、自分の人生の妨げになる考えや価値観も、手放せずにいました。

自分の心がつらくなるほどがんばる必要はないのに、無理して体を壊してしまったり、

いいママにならなくてはと、子どもとの遊びのときに「どの遊びが子どものためになるんだろう」と深刻になってしまったり。

完全に頭でっかちになっていました。

頭のなかを、不必要な知識とこだわりでぎゅうぎゅうにして、にっちもさっちもいかなくなってしまったんですね。

何かをとれば何かを捨てなくてはいけない

でも、何かをとれば何かを捨てなくてはいけません。

わたしは、知識を詰め込み、育児法にこだわりすぎるあまりに、ゆとりのある暮らしを捨ててしまっていたのです。

片づけをしながら、そんなことを考え、「もっと楽に生きよう」と思いました。

このところ、小説を読むのにハマっていて、「ただ感じること、楽しむこと」の幸せを噛みしめています。

そうやっておだやかな時間を増やしていった結果、自然と子どもにもやさしく接することができるようになり、今まで以上に、家族の笑顔が増えました。

空間のゆとりは、心のゆとり。

これからも、いらないモノはどんどん手放して、身軽になっていきたいなぁと思っています。

ぜひ今日は、不要なモノを手放す日にしてみてください。

気持ちが軽くなるのを、感じられるはずです。

最後までお読みくださり、ありがとうございました。

キョロ

不要なモノとこだわりを手放して、人生を変えよう!

Follow me!

PAGE TOP