絵本講座申し込み・執筆依頼はこちらから

[超基本]片づけができるようになりたいと思ったら覚えておくべき正しい順序

こんにちは、キョロ(→プロフィールはこちら)です。

いま現在、整理収納アドバイザー1級の資格取得に向けて勉強中です(2021 年11月時点)。


片づけ、ミニマリストに関する本を複数読み、資格取得の勉強をしたことでわかったことがあります。


それは、片づけには正しい順序があるということ。


正しい順序で片づけをしなければ、その場しのぎになってしまい、すぐにまた散らかってしまいます。


片づけに苦手意識があったり、片づけのための時間をとっているのに、片づかなかったりといった経験はありませんか?


片づけの正しい順序を知ることで、徐々に片づけが上手にできるようになってきます。


もし片づけに苦手意識を持っていたら、ぜひ最後まで記事を読んでみてくださいね。

片づけの正しい順序|残すモノを決め、収納場所を決める


片づけは順序を間違えると、その場しのぎの対処になってしまい、「片づけても片づけても片づかない」という事態に陥りがちです。


ですので、片づけの正しい方法を知って、確実に片づけスキルを磨いていきましょう。


正しい片づけの順番はこちらです。

片づけの正しい順序

1、残すモノと処分するモノを区別する

2、残したモノの収納場所を決める


まずは、どれだけのモノを持っているのか、収納してあるモノをすべて出し、残すモノと処分するモノを区別することが大事です。


そして、いらないモノは処分し、残すモノが決まってから収納場所を決めていきます。


残すモノと処分するモノを区別せずに、すべてのモノを収納しようとするから、いつになっても片づかないという事態に陥ってしまうのです。

残すモノと処分するモノを区別する


残すモノと処分するモノを区別するために、まず収納してあるモノをすべて出します。


すべてと言っても、家の中のモノをすべて一気に片づけるのは大変でしょうから、夏に着る衣類、文房具棚、本棚、といった感じで、一箇所ずつ取り組んでいくのがおすすめです。


文房具でしたら、持っているモノをすべて出して、仕分けをしていきます。


インクの出ないボールペンや、過去一年間に一度も使っていないカラーペンなど、明らかに不要だと思われるモノは、思い切って処分してしまいましょう。


ずっと使っていないけれど、捨てずにこれから使いたいモノは、今日から使い始めてみましょう。


「いつか使うだろう」とまた収納してしまうのはおすすめできません。


使っていないけれど、思い入れがあってどうしても捨てられないというモノまで、無理して捨てることはありません。


ただ、なんでもかんでも「もったいない」、「いつか使うから」と残してしまうと、収納スペースがパンパンになって、片づけしにくい環境になってしまいます。


判断基準を設けて、残すモノと処分するモノの区別をしていきましょう。収納場所を決めるのは、それからです。

残したモノの収納場所を決める


残すモノを決め、それ以外を処分したら、いよいよ収納です。


やみくもにただ収納スペースに詰め込んではいけません。ちゃんと定位置を決めるのが大切です。


なんとなくしまうのではなく、決まった場所にしまうことで、散らからない仕組みができます。


手間はかかりますが、持っているモノの一つひとつに住所を与えてあげましょう。


収納場所が決まっていないモノは、適当にどこかのスペースに詰め込まれるか、部屋のどこかに乱雑に置かれることになってしまいます。


いつも床に置きっぱなしのモノや片づけにくいモノがあったら、ちゃんと収納場所が決まっているのか考えてみてください。

収納場所が決まっていなかったら、収納場所を決めましょう。


おおまかに説明すると、片づけはこの2つの手順で行えばOKです。

まとめ|残すモノを決め、収納場所を決めるのが片づけの正しい順序


いらないモノまでも収納しようとすると、大きな収納スペースがないかぎり、モノが部屋にあふれてしまいます。


たとえ収納スペースが十分にあったとしても、片づけの手間はどうしても大きくなってしまいます。


ですので、まずは部屋に不要なモノがあふれていないか、確認しましょう。


1箇所ずつでいいので、収納してあるモノをすべて出し、残すモノ、処分するモノにわけていくことで、確実に不要なモノは減っていきます。


ずっと使っていないモノで、これから使っていきたいモノは、今日から積極的に使っていきましょう。


また収納棚の奥にしまってしまえば、永遠に使われることはありません。

キョロ

持っているモノはでいるだけ活用してあげよう!


残ったモノすべてに住所を与えましょう。そして片づけるときに戻すべき場所に戻すようにすれば、片づかないモノはなくなります。

片づけの基本はこの二つの項目を順番通りに実行することです。


ですが、片づかない理由として、


・そもそも片づけの時間がとれない

・残すモノと処分するモノの区別がつかない

・処分するモノよりも入ってくるモノの量が多い

・自分は片づけられるけれど、家族が片づけられない


なども考えられます。


これらに関しては、また改めて記事にしますね。


まずは自分のできる範囲で、残すモノと処分するモノの区別をしてみてください。


そして、一つひとつ収納場所を決めていきましょう。


地道な作業ではありますが、長い目で見れば、その場しのぎの片づけを繰り返すより、よっぽど効率的だと思います。


ぜひ苦手な片づけを克服して、きれいな部屋でリラックスしてくださいね。

キョロ

「片づけが苦手」はちゃんと克服できるよ!

Follow me!

シェアしてね!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

PAGE TOP