絵本講座申し込み・執筆依頼はこちらから

[ミニマリストと節約]電子書籍か、紙の本かで迷ったときの考え方

こんにちは、本好きミニマリストのキョロ(→プロフィールはこちら)です。

シンプルな暮らしをしたくて、今まで大量に持っていた紙の書籍を電子書籍に移行してきました。


でも電子書籍でばかり買っていると、お金を圧迫することがあることに気づきました。


というのも、あるとき図書館で借りた本を買おうとしたら、電子書籍だと1600円程度、中古の紙の本だと300円で売っていたのです。


買うなら電子書籍。でも価格に1300円もの差があると躊躇してしまう、という葛藤が起こりました。


そして結局、300円の紙の本を購入。


そこで、電子書籍にこだわるわたしが、どうして紙の書籍を選んだのか、記事にしました。

おすすめする人

・電子書籍か、紙の本で迷っている

・シンプルな暮らしがしたい

・お金の節約もしたい


シンプルな暮らしが好き、節約もしたい、本を読むのも好きという人は、ぜひ最後まで読んでみてくださいね。

ゼロヒャク思考を手放す


ミニマリストの自分を意識し始めてから、わたしは「持ち物を極限まで減らすべき」と思っていたようです。


なので、家にあった紙の書籍で、電子書籍として販売しているものはほとんど捨てて、電子書籍に買い替えてきました。

「本を買うときは絶対、電子書籍」とこだわるようにもなっていて、ゼロヒャク思考に陥っていたのです。



「自分は絶対、電子書籍しかない」と思い込んでしまうと、決断はスムーズな一方で、損することがあります。


思考停止状態になってしまうからです。


ミニマリストさんの本を読むと極端なものが多いので、とにかく減らさないとと思いがちですが、他人の考え方はあくまで参考程度。


自分の頭で考えて、一番いい方法を選ぶことが大切なのです。


モノを持つか、持たないか、という二極化した考え方には注意したほうがいいでしょう。

「ミニマリスト」という肩書きにこだわらず、頭で考える


わたしの場合、多くの書籍を買うので、書籍代がお小遣いを圧迫することが多々あります。


冒頭で買いた通り、あるとき、図書館で借りた本を買おうとしたら、電子書籍だと1600円程度、中古の紙の本だと300円で売っていることに気がつきました。


「絶対、電子書籍!」と思っていれば、1600円払うしかないのですが、そのときのお小遣いの状況で1600円は厳しかったのです。


そこで、いま読みたいのか、それともあとでもいいのか、今でなくてもいいのなら、来月か再来月、お金に余裕のあるときに買えばいいと考えました。


でも、いま欲しかったのです。ミニマリストでいたいけれど、安く買いたい。


「ミニマリスト」という肩書きを自分につけてしまうことで、自分で自分の柔軟性を奪い、葛藤してしまいました。


そこで、書籍はできる限りは電子書籍で購入し、価格に大きな差があるのなら、紙の書籍でもいいということにことにしました。

具体的に、どれくらいの価格の差があったら、紙の書籍にするかも考えて、500円以内の差であれば、電子書籍で購入。


それ以上の差であれば、紙の書籍で購入ということに。


そして、電子書籍で安く販売することがあれば、あとで電子書籍に切り替えることにしました。


そうすれば、あとで電子書籍に切り替えても、定価よりもずっと安く済むことがあります。


どんな肩書きを持っていても、柔軟性は失わないようにしたほうがいいです。


ミニマリストという肩書きは自分のためにあります。肩書きを持つことで、生きづらくなってしまうのは意味がありません。

ミニマリストを名乗っていても、家にスペースがあるのなら減らすことばかりこだわることもないのです。

まとめ|肩書きや他人の情報を参考にしながら自分の頭で考える


電子書籍か、紙の書籍か、どちらか一方にこだわり始めると、結果として損をすることがあります。


ミニマリストを志向することで、決断の基準が明確になるのはいいことだが、柔軟性が失われてしまうのは危険です。

だから、ミニマリストさんの本を読むのもいいけれど、あくまで参考程度にしましょう。


結局は、自分の頭で考えて、自分なりの基準を作っていくことが大事になってきます。


わたしも、できるかぎりは電子書籍、紙の本が圧倒的に安ければ、紙の本、というように、自分なりの基準を設けました。


お金に余裕が出てきたら、電子書籍に統一するかもしれません。


自分の置かれた状況によって、その都度、決断の基準を変えていく予定です。


ミニマリストでいたいけれど、節約もしたい。


そう思っていたらぜひ、自分の頭で考えて、自分なりの基準を作ってみてください。


最後までお読みくださり、ありがとうございました。

キョロ

本の購入基準は自分の頭で考えよう!

Follow me!

シェアしてね!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

PAGE TOP