キョロのInstagramはこちら

「嫌われる勇気」岸見一郎|人は変われると思えることが幸せに生きる鍵

プライバシーポリシー

こんにちは!

 

キョロです!

 

「三度の飯より本が好き!本なしには生きていけない!」っていうくらい本が大好きです。

 

キョロ
本さえあればキョロは幸せだよ!

 

そこで今日は、おすすめ本の紹介をします!

 

読書が好きな方なら、もうすでに知っている方も多いかと思いますが、

 

紹介する本は「嫌われる勇気」です。

 

キョロ
この本は本当におすすめ!

 

これをしっかり読み込んで行動すれば、人生が大きく変わることは間違いないです。

 

 

キョロ
人生を変えたいなら、読んでみて!人生観が変わるよ

 

読書で大切なのは、「読んだら行動を起こすこと」です。

 

ぜひ、このブログを読んだら、すぐに「嫌われる勇気」を購入するなり、図書館で借りるなりして読んでみてください。

 

そして、なにか一つでも学んだことがあったら、行動を起こしてみてください。

 

キョロ
読書と行動は必ずセットにするのがおすすめだよ!

 

この記事で、嫌われる勇気について、少し紹介もさせてもらいますので、本が手もとになくても、わたしの記事を参考にして、行動を起こしてみてください。

 

今日から、人生変えていきましょう!

 

「嫌われる勇気」で何より大事なポイント「人は変われる」

 

この本は、ある哲学者(以下、哲人)のところに、「人生を変えたい」と思いながらも、変えられずにいる青年が訪れるところから始まります。

 

自分を愛することができず、別人に変わりたい願う青年に対し、

 

哲人は、アドラー心理学を用いて、こう説きます。

 

本文から引用

「人は変われる、世界はシンプルである、誰もが幸福になれる」p.3

 

哲人の言葉に、納得がいかない青年は、哲人にイラ立ちながらも、対話を始めます。

 

ここで、哲人が知識を深めているアドラー心理学のことを説明します。

 

アルフレッド・アドラー

アドラー心理学をつくる

「個人心理学」を提唱

「どうすれば人は幸せに生きることができるか」という問いに答える

フロイト・ユングと並ぶ心理学の三大巨頭

人間を理解するための真理だと考えられている

 

わたしは、この本で初めて、アドラーの存在を知りませんでしたが、この本を読んでみると、本当に偉大な人物であったことがわかります。

 

この記事では、アドラーが提唱することの中でも、わたしが一番のポイントだと考えたところを紹介します。

 

人が変われないのは、過去の出来事を言い訳に、「変わらない」という選択をし続けているから

 

アドラーの説いていることを、もう一度こちらに引用します。

 

本文から引用

「人は変われる、世界はシンプルである、誰もが幸福になれる」P.3

 

アドラーは「人は変われる」と断言しています。

 

今日は、この部分について記事を書きます。

 

アドラーは「人は変われる」と言いますが、それは彼が「目的論」という立場をとっているからです。

 

「何か目的があるからこそ、今の状況を自分から選んでいる」という考え方です。

 

本の中で例に挙げられていたのは、「引きこもり」についての話です。

 

わたし達は「つらいから引きこもっている」と考えがちです。

 

でもアドラーの考え方で言うと、「引きこもっていたいから、つらいという感情を使って、今のままでいる」ということなんだそうです。

 

これを読んでいるあなたは、「引きこもっていたい?そんなことってあるの?」って思うかもしれません。

 

でも考えてみると、「つらい」と思ったときに、「引きこもる」以外の選択肢もたしかにあるんですよね。

 

誰かに相談すれば、引きこもらずに済むかもしれないし、今の環境が嫌ならば、違った環境に身を置いてみると、うまくいくかもしれないですよね。

 

ではなぜ、「引きこもる」のかを考えるときに、アドラーは「対人関係」を理由に挙げます。

 

もし、その人が、「引きこもらない」という選択をしたとします。

 

そうすると、新たな問題が発生するんだそうです。

 

引きこもる以外の選択をすると、人に低い評価をつけられて、傷ついたりするかもしれないし、何か嫌なことを言われたりするかもしれないこと。

 

そういった「人間関係にまつまる悩み」を避けるために、その人は「引きこもり」を続けるんだそうです。

 

(また別の記事で紹介しますが、「すべての悩みは対人関係の悩み」とアドラーは言っているそうです)

 

「新たな悩みを避けるために、今の状況を選んでいる」という立場をとるのが、アドラー心理学の考え方なんです。

 

本の中で、哲人は言います。

 

本文から引用

「いまのあなたが不幸なのは自らの手で「不幸であること」を選んだからなのです」

 

今あなたが苦しい状況にあるのは、なにかの「目的」を叶えるために、「不幸であること」を選択した結果なんだそうです。

 

厳しい言葉ですよね。

 

一方で、心理学者のフロイトは、「原因論」の考えです。

 

原因論の考え方とは、「あらゆる結果の前には原因がある」というものです。

 

つまり、「つらい過去があったから、今、自分は不幸になってしまった」という考え方です。

 

こう考えると、「うんうん、そうだよね」って納得したくなります。

 

ですが、そう考えている以上、つらい現在・未来は延々と作られ続けますよね。

 

でも、本当にそうなんでしょうか?

 

貧乏な家庭で苦労した人は、今も全員、貧乏?
虐待を受けて育った人は、今も全員不幸?幸せに生活している人はいないの?
行きたい大学に落ちた人は、みんなその後、人生うまくいっていない?

 

っていう疑問が出てきます。

 

「大きな災害や虐待などの出来事が、人格形成に及ぼす影響はゼロではない。影響は強くある」とした上で、「それが人生を決定づけるものではない」と哲人は言います。

 

アドラーは「過去の出来事」で今は決まらないことを主張しています。

 

トラウマも否定するんです。

 

そして、「人は変われる」とアドラーは唱えているんです。

 

変わりたいのなら、考えや行動を自分から変えていかなけばならない。そうすれば、必ず人生は大きく変わっていく

 

わたし達がいま、「考えていること・行動の仕方」などをアドラーはライフスタイルと言っています。

 

そして、考えや行動(ライフスタイル)は自分の意思で、今すぐ変えられるものだと説きます。

 

そのためには、今までの考えや行動(ライフスタイル)をやめるという「決心」をすることが大事なんだそうです。

 

あなたは「あなた」のまま、ただライフスタイルを選び直せばいい。

 

哲人はこう言います。

 

ただ考えや行動(ライフスタイル)を選び直すだけで、人は変われるのに、なぜわたし達がそれができないか。

 

それは、前にも書いたように、それ(ライフスタイル)を変えることによって、人間関係の別の悩みができてしまうからなんですね。

 

考えや行動を変えるだけで、人生は変わるけれど、行動をすることで「他人からどう思われるのか」という悩みができてしまうから、

 

わたし達は、「つらい、つらい」と言いながら、「不幸な人生」を選び続けているんですね。

 

そして、その言い訳に「わたしは昔、いじめられたから」とか「わたしは受験に失敗したから」とかっていう過去を使うんだそうです。

 

変わることのできない人は、結局、「今のままでいる」ことを選んでいるんんです。

 

改めて、厳しい言葉ですね。

 

アドラーはどんな過去があっても、「人は変われる」と言います。

 

そして、過去や未来にしばられることなく、「いま・ここ」から、考えや行動(ライフスタイル)を変えていくしかないとも言います。

 

大事なことは、相手が変わるのではなく、自分が変わっていくことなんだそうです。

 

そのために必要なのは、「勇気」だと、アドラーは重ねて言います。

 

読んで苦しくなる人も、もしかしたらいるかもしれませんね。

 

でも、希望が見えてきた人もいるのではないでしょうか?

 

人生を自分の手で変えてきた私の経験。人生を変えることは痛みを伴うけれど、間違いなく幸せに近づいていくことができる

 

さて、ここでわたしの話になりますが、わたしの人生の大半は苦しみの人生でした。

 

箇条書きにしてみると、過去のわたしはこんな感じです。

 

毎日が苦行でした。

 

どうやって死のうかばかり考えるものの、実際にはそうできず、死ねない自分を責め続けた時期が何年もありました。

 

↓↓↓

 

過去のわたし
親の期待に押し潰される
親とのこじれた関係
勝ち・負けでしか考えられない
周りのみんなは人生を邪魔する敵
完璧じゃない自分は許せない
「自分は愛されない」という思い込み
本当の友達といえるような子がいない
摂食障害に近い状態を経験
不登校
うつ病で半年間の入院
10年以上「死にたい」と思ってきた

 

いま現在はこんな感じです。

 

↓↓↓

 

現在のわたし
「親は親、自分は自分」の人生
親には干渉されない生活
競争の世界から降りつつある
世界には味方もたくさんいる
できないことがあってもいいと思えた
こんな自分でも愛される
本音を言える友達がいる
健康な食事のとり方を身につけた
社会のレールからドロップアウトして幸せ
自分責めのクセはなくなりつつある
生きているのが幸せ

 

詳しくはプロフィールを読んでいただきたいのですが、「生きてるのがしんどい」「死んでしまいたい」と思い続けたわたしは、この10数年でこれだけの大きな変化を遂げました。

 

その当時、この本は出版されていなかったし、出版されてからも読んではいませんでした。

 

けれど、わたしはこの本で書かれているのと同じやり方で、自分の考え方を変え、行動を変え、人生を変えてきました。

 

人生どん底を経験したわたしでも、いまは「生きているのが幸せ」とまで思えるようになったんです。

 

この本を読んで行動すれば、あなたの人生を変える手助けになること間違いなしなんです。

 

 

さぁ今日から人生を変えよう。いつもと違う考え方・行動をして、「幸せな人生」を選ぼう

 

人生は変えられます。

 

この本の一番のポイントは、これだと思います。

 

それを叶えるために、わたし達はどうしたらいいのか、詳しい説明が展開されていきます。

 

厳しい考え方ではありますが、「自分は〜だから、変われない」と思っているうちは、変わらないってことですね。

 

でも、「変わろうと思えば、変われる」って思えることも励みにも、希望にもなるんじゃないでしょうか。

 

本当につらいなら、人生を変えていく決意をしましょう。

 

わたしもかなりしんどい経験をしてきているので、「変わるのが怖い」のはすごく分かります。

 

「変わるのもつらい、変わらないのもつらい」という経験を長いことしてきました。

 

変わろうとしてもうまくいかなくて、「もうやめた!」「どんなに努力したって無駄」って思った瞬間もたくさんありました。

 

それでも、しばらく落ち込んだら、また努力してみるということの繰り返しで、何年も経った頃に、「あれ、自分変わったかも」という実感が得られるようになってきました。

 

わたしの経験上、「すぐに変われる!」とは言いません。

 

ただ、「人が変われる」というのは、断言できます。

 

もし人生を変えたいのなら、変えられるのは「あなただけ」です。

 

誰も、あなたの人生を変えてはくれません。

 

幸せになりたいのなら、自分から変わっていきましょう。

 

わたしと一緒に人生変えていきませんか?

 

コロナウィルスの蔓延で、家ごもりの方も多いと思います。

 

悩みを共有したい方は、よかったら、zoomでお話しましょう!

 

気軽にコメントもくださいね!

 

キョロ
人生が変わること間違いなし!ぜひ買って読んでみてね!

 

 

よかったら、メルマガ登録もお願いします!

 

キョロからのおたより 読者登録フォーム






 

最後までお読みくださり、ありがとうございました!

Follow me!

シェアしてね!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です